×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子どもの産毛 脱毛処理はよくないの?

コントロールジェルME

肌を傷めないケアを選んで

鼻の下や腕、脚などにびっしり生えた子どもの産毛。なんとなくかわいそうで恥ずかしいからと、毛抜きや除毛剤、脱毛器などで抜こうとしていませんか?

こんな方法で毛を抜いてしまうと、肌に大きな負担がかかってしまいます。皮膚が薄い小さな子どもの場合、ヒリヒリしたり赤みが消えなかったりと様々なトラブルを起こす原因に。毛の成長を阻害する抑毛ローション・ジェルなどで、自然と目立たなくしていくのがよいでしょう。

抑毛ローションはコントロールジェルME こちら もっと詳しく

抑毛ローションで産毛を薄く 肌ストレス知らずのムダ毛ケア

小さな子どもでも、成長につれてしだいに腕や脚などの体毛が濃くなってくることがあります。夏のうちは袖なしの服を着たりプールなどに入ったりする機会も多く、なかなかごまかしがききません。だからといって、毛抜きや脱毛器などで抜いてしまおうというのは考えものです。

10歳前後の子どもの肌はまだやわらかく、毛を抜いたり剃ったりすると非常に負担がかかってしまいます。場合によっては、炎症を起こすなどの肌トラブルにつながることもあるので、大人と同じようなムダ毛ケアを行うのは絶対に避けてください。

子どもの産毛を薄くしたいのなら、毛が生えてくるのを阻害して発毛を遅らせる抑毛ローションの使用がベスト。特に、ママたちからの評価が高いコントロールジェルMEは、サロンでも使われている高い品質と肌への優しさで子どもの敏感な肌にも安心して使えます。

お風呂上がりなどの時にさっと肌に塗るだけなので、面倒な準備などもいらず子どものストレスになりません。天然の植物エキスを豊富に配合し、香料、人工着色料、合成界面活性剤など無添加なので、低刺激です。60日間返金保証付きなので、お試し感覚で使えますよ。

コントロールジェルMEの使い方

コントロールジェルME

コントロールジェルMEは、ケアしたい体の部位に塗るだけのお手軽ケアができる抑毛ローションです。お風呂上がりの体をふいた後に、適量を手に取り毛の流れに逆らうようにして肌になじませてあげてください。

浸透率や吸収力を高めた肌なじみのよいローションなので、すりこんだりたたいたりする必要はありません。使い始めは朝と晩の2回塗るようにすると効果を実感しやすいでしょう。4〜6週間で効果を実感する人が多く、効果が表れてきたら3日に1回くらいの頻度に減らしてかまいません。

大人の場合はカミソリなどで処理してから塗る人もいますが、子どもに使う場合は毛が生えた状態のままで塗っている人が多いようです。スネとワキの下に使っている場合は、1本で1か月くらいの間使うことができます。

大人でも危険!自己処理の落とし穴

カミソリ処理は皮膚も削っている?

家で手軽にできる自己処理の代表が、カミソリによる処理でしょう。広い範囲をスピーディに処理できるため、この方法でムダ毛処理を行う人が多いようです。

しかし、カミソリは女性用のものでも刃物であることに変わりはなく、毛を剃ると同時に皮膚の表面も削って角質層を薄くしています。そうすると肌が乾燥しやすくなり、肌荒れの原因に。カミソリでは処理してもすぐに生えてきてしまうので処理が頻繁になり、肌へのダメージが蓄積しやすいという一面もあります。

毛を引きちぎる毛抜きも怖い

カミソリがだめなら、毛抜きで抜けばいいやと思っている人もいるかもしれません。しかし、毛抜きはカミソリより危険と言う人もいます。というのも、毛抜きは元気な毛を無理な力で引きちぎってしまっているから。

毛根は毛細血管とつながっていてそこから栄養分を補給しているので、無理やり抜くと出血することも。そして毛根周辺の組織が傷ついて炎症を起こしたり化膿したり、次に生えてくる毛が毛穴から出られなくなり埋没毛になる可能性もあるのです。

子どもの産毛を自然に薄く!脱毛器を使わない優しいムダ毛ケア

思春期や成長期になって目立ち始めた子どもの鼻の下の産毛、腕や脚などのムダ毛のケアは、市販の脱毛器などでは刺激が強く不向きです。カミソリや毛抜きなどでは炎症を起こすこともあり非常に危険。薄くて敏感な子どもの皮膚にも優しい抑毛ローションなら、肌に無理な負担をかけずにムダ毛のケアができます。天然植物エキスを豊富に配合したコントロールジェルMEは、香料や人工着色料無添加で低刺激で安全。お風呂上がりに肌にさっと塗るだけなので、面倒な手間もなくストレス知らずです。大手サロンも使用する高品質ジェルなので、効果も短期間で実感しやすくなっています。

Copyright © 子どもの産毛脱毛しないで!! じゃあどうケアしたらいいの? All rights reserved